CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
Sueño del Barrio

宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
JOE BATAAN JAPAN TOUR T-SHIRT完成!

ジョー・バターン来日公演がいよいよ迫って参りました

こちら、最後の細かい調整で慌ただしくやっております。バンドの仕上がりもバッチリ、是非熱い演奏をご期待ください!

 

さて、過去の来日公演でもあっという間に売切れてしまいました大人気のツアー・Tシャツですが、今回もご用意しました。

 

 

 

54年(?)シェビーを中心に、バリオ・オールディーズの世界観としてジョーのラテン・ソウルを表現しました。

デザインは、FRENZY WORKSの関口良子さんです。

 

 

 

サイズ:S〜XL

色:ネイビー

ボディ:プリントスター ヘビーウェイト5.6oz

価格:3500円

発売場所:22日恵比寿ガーデンホール・ラウンジ、24日晴れたら空に豆まいて・エントランス

限定制作。お早めに、どうぞ!

お問い合わせ:MUSIC CAMP, Inc.まで 042-498-7531

 

また、ジョー・バターンの以下アナログ盤(US再発盤)を会場でご用意しております。こちらは数が大変限られておりますので、ご了承ください。

 

Salsoul

Subway Joe

Saint Latin's Day Massacre

Riot

Gypsy Women

 

それでは会場でお会いしましょう!

 

宮田

 

 

 

| - | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日系アメリカ人映画上映会無事終了しました。

 

 

先日は「ヨコハマ、カリフォルニア発売記念日系アメリカ人映画上映会」に沢山のご来場、本当に有難うございました。

異なるテーマをもつ3つの作品を振り返りながら、今回の発売の意義について、主催者である我々もあらためて、その責任の大きさを感じました。多々ご協力戴きました日系アメリカ人音楽・文化に造詣が深い神田稔さんと映像作家のアキラ・ボックさんに感謝致します。また、サンホゼのJ-Townで撮影されたオリジナル・ジャケットに写っている小林ご夫婦の突然の参加は、大きな感動となりました。当時の話をもっと伺いたいたかったです。有難うございました。

 

 

 

なお、『Cruisin' J-Town』につきましては、随時上映会を開いていこうと思っております。場所を提供してくださる方がいらっしゃいましたら、是非声をかけてください。

| - | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『ヨコハマ、カリフォルニア』発売記念日系アメリカ人映画上映会

 

 

10月16日(日)
OPEN: 18:00  / START: 18:30  
予約:2,000円 (1D別途) / 当日:2,500円(1D別途)
場所:代官山「晴れたら空に豆まいて」
#当日は畳敷きになります。

 
1970年代カリフォルニアの日系/アジア系アメリカ人公民権運動を背景に登場した日系人フォーク・グループ、ヨコハマ、カリフォルニアが唯一残したアルバム世界初CD化を記念してのトーク・イヴェント&映画上映会。知らざれる日系アメリカ人たちの音楽史も振り返りながら、ヨコハマ、カリフォルニアが残した音楽についての解説、そしてカリフォルニアを舞台にした70年代と現在の日系/アジア系音楽シーンを象徴する映画2本を上映。
 
1. トーク・イヴェント『ヨコハマ、カリフォルニア』(出演者:神田稔、宮田信他)
2. 映画『ザ・クランブルズ』(2012年 監督:アキラ・ボック)
3. 映画『Cruisin’ J-Town』(1976年 監督:Duane Kubo 制作:Visual Communications 30分)

 


☆CD ヨコハマ、カリフォルニア『ヨコハマ、カリフォルニア』

 

11月6日MUSIC CAMP, Inc.より発売 詳細⇒ http://www.m-camp.net/
 

 

☆映画『ザ・クランブルズ』(脚本・監督:アキラ・ボック / 出演:テレサ・ミッシェル・リー、 ケイティー・ヒポル、 ジェフ・トーレス)
 

 

 

ケッツァルやキント・ソルなどチカーノ演奏家たちのPV制作、また全米日系博物館映像部門で数々のドキュメンタリー映画も手掛けてきた映像作家、アキラ・ボック。多様な人種が混じる現在のロサンゼルスを舞台にした初の長編映画。
『ザ・クランブルズ』は、ダーラとエリザという親友同士によるインディーズ・ロック・シーンの日常の悲喜こもごも、才能がありながらも方向性の定まっていないガレージ・バンドでスターダムを目指し奮闘する姿を描いている。ロサンゼルスのイーストサイドで繰り広げられるこの愉快なドタバタ劇は、駆け出しバンドの姿を可笑しくも現実的に描き、ロサンゼルス・タイムズ紙に「エレガントで愛に溢れた作品」と評されている。サンフランシスコ国際エイジアン・アメリカン映画祭観客賞受賞。日本語字幕付き日本初公開

 

トレイラー:https://vimeo.com/154352444

 

 

☆映画『Cruisin’ J-Town』(1976年 監督:Duane Kubo 制作:Visual Communications 30分)
 


70年代アジア系アメリカ人公民権運動時、音楽演奏を通して自己のアイデンティティを模索する3世たちの姿を追った記録映画。ファンク・ジャズの演奏をバックに冒頭で映し出されるのは、独特の賑わいをみせていた当時のロサンゼルス・リトル・トーキョー。街の喧騒とシンクロするように、生々しいグルーヴが和太鼓や琴の音色と融合していく。彼らこそ、後に全米で大成功を収めたグループ、HIROSHIMA。チカーノ農民/公民権運動から誕生した劇団、エル・テアトロ・カンペシーノのダニエル・バルデス(映画『ズートスーツ』主演俳優)との感動の共演も捉えた傑作ドキュメンタリー。今回が日本語字幕を入れての正式初公開。

 

 

(企画:MUSIC CAMP, Inc. 042-498-7531)
 

予約:晴れたら空に豆まいて⇒http://mameromantic.com/?cat=1
   MUSIC CAMP, Inc.  メール予約⇒info@m-camp.net

            ※件名を「映画上映会予約」とし、お名前・ご予約人数・
     ご連絡先電話番号を添えてお送りください。


 

 

| - | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016年9月 BARRIO GOLD RECORDS参加イヴェントが続きます。

 

☆9/17いきものカフェ@Jamhouse 天照

 1992年リオの地球サミットをきっかけに始まった「CBD/COP(生物多様性条約締約国会議)。今年の12月にはメキシコのカンクンで13回目の会(COP13)が開かれます。今回のイベントでは、生物多様性の現状や会議で話し合われている内容、いきものカフェの取り組み、メキシコの文化の紹介などを、トークセッション、音楽、メキシコ料理、マヤ文明の写真展示などを通じて楽しんでいただきながら、国際会議や環境というテーマを身近なものとしていただく機会にできたらと思います。

 

17:25から1時間弱、「伝統と革新、メキシコ音楽の四方山話」と題して音楽を紹介します。

 

詳細⇒ http://ikimononocafe.blogspot.jp/2016/09/97-talk-jamhouse.html

 

 

 

☆9/18 CORONA SUNSETS HOUR@日野メヒカリ

 

 

東京西部、日野市に出現した米墨国境の街、メヒカリ。クールな名前のメキシカン・レストランでラテン音楽パーティ。

多摩地区は落ち着きます。コロナ・ビールやメキシカン・フードを楽しみながらラテン・ロックなどをかけたいと思います。

越後さんやRYOさんの選曲も楽しみ。

当日は久々にイーストLA仕様で参戦致します。エル・チカーノ、マロ、ティエラ・・・是非!

 

 

 

9/24 Sueño del Barrio Latin Soul Lounge @ Date Jingumae 

 

 

ジョー・バターン来日公演も来月に迫ってきました。ジョー・バターンの名演復習も兼ねた、ラテン・ソウル・ラウンジ・パーティ。

バリオ・ミュージックを愛するDJらによるセレクション、そして3度の来日公演の裏方を務める宮田によるマル秘トークなどなど・・・

 

Sep.24th Sat

Open: 17:00

Close: 21:00

Entrance: ¥1000(1D)

場所:Date Jingumae

渋谷区神宮前2-20-10コマツビル3

 

DJ & TALK

DJs:

Lazy酋長

makillda(chang maki)

Kanto Latin Soul Alliance (CHOLOKEN, BE-X, SHIN MIYATA)

TALK: SHIN MIYATA   

 

関東ラテンソウル連合

 

Food ディップ各種300 タコス300 クレオールカレー500 etc

Drink ハートランド、ネグラモデロ、芋焼酎、グラスワイン、梅酒、ビオジュース各500円 etc

 

JOE BATAAN LIVE IN JAPAN ⇒ http://www.m-camp.net/JB2016.html

10/22 Peter Barakan's LIVE MAGIC! 

10/24 「晴れたら空に豆まいて」公演はお陰様で予約締め切りました。

 

 

 

 

9/25 晴れたら空に豆まいて 10th Anniversary 企画 「代官山 ベリーダンス 大祭!!」

「晴れたら空に豆まいて」に今まで関わってくださった、Top Dancersをお招きしてのSpecial Dance Show Case!! 他に類を見ないガレージ・カラオケ・ユニット「ヨロ昆撫」をファイナルに、様々なスタイルのTop Dancersによる入魂の踊りをお届けします!!

当日はそんな彼女達の衣装やアクセサリーのFlea Market(17:00-18:45)も開催!!


DJは、海外の知られざる音楽を紹介する気鋭のレーベル、MUSIC CAMP, Inc.を主宰する宮田信!!そして、ブレイクビーツユニット「HIFANA」からサンプラーのフィンガードラミングとアサラトの名手KEIZOmachine!のLive!!

東京のベリーダンスシーンを牽引するTop Dancersが一同に介する希少かつ贅沢な一夜!! お見逃し無く!!

 

ハレマメ食堂からも中東スタイルのお食事やお酒でお出迎えします!!

詳細⇒ http://mameromantic.com/?p=47545

 

 

| - | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SELF HELP GRAPHICS PRINTS IN TOKYO

☆チカーノ・アート展示販売会決定!

 

 

8月5日音楽ライヴ・イヴェント『越境する音』@代官山晴れ豆で急遽、チカーノ・アート展示販売会を急遽行うことが決定しました。イーストLAを代表するアート団体、セルフ・ヘルプ・グラフィックスのメンバーであるEndy Traceさんが現在来日しており、持参したプリント8点を販売致します。シズ・サルダマンド、エルネスト・イレーナなど注目作家の作品が並びます!メインである音楽ライブはスペインで活躍する日本人ピアニスト、チオ・アリン、そして東京のラテン・ジャズ界の実力派が集まった定村史朗TOKYO LATIN JAZZ CONNECTION。またテーマに沿って世界中のスパイスを集める「裸足でスパイス」の出店。さらにフードは、Mano A Mano Crapeさんによる絶品カレー・ブリトーをご用意。選曲は関東ラテンソウル連合からオイラが担当します。ビールはもちろん、コロナ・ビールです。ぜひいらしてください。http://mameromantic.com/?p=45734

 

以下、エンディさんからのメッセージです。


タイトル:コズミック・友情

セルフ・ヘルプ・グラフィックス・プリント東京展示会。

 

「”Caminante, no hay puentes, se hace puentes al andar” (前進する者。そこに橋がなくとも、歩めば自ずと橋は造られる)(グロリア・アンサルドゥーア)

 

イーストLAでは、Xicanx=チカーナ(ノ)と日系/日本人のComunidades=コミュニティの間に長い間、文化的友好が築かれてきました。我々は毎日を生き、労苦を経験し、乗り越えながら、Yaagna(ロサンゼルスの最初の呼称)のなかで共に繁栄してきました。現在も、La Primiera=1st ストリートの橋を渡ってリトル・トーキョーとイーストLA・ボイルハイツを行ったり来たりしながら、日々の生活やアートにおいて連携しています。

その友好の精神に基づき、イーストLAのチカーナ(ノ)やLatinx=ラティーナ(ノ)たちの作品をシェアするために、私は日本に来ました。東京のチカーノ・アート好きの皆様に、セルフ・ヘルプ・グラフィックスのオリジナル・プリントをコレクションに加えていただける特別で貴重な機会を設けることにより、旅をし、友人たちと協力し、分かちあう、というセルフ・ヘルプ・グラフィックス&アートの精神が受け継がれていくことを願っています。イーストLAのチカーナ(ノ)・アーティストたちから直接放たれる、アート作品という言語を通して、新たな友人をつくり、旧友とあいさつを交わし、我々の直面する事実を分かち合うことが楽しみでなりません。

これらのアーティストや作品は、作家たちの多様性、そして今日我々が直面する様々なテーマを表現できるように選びました。このTonantzin=母なる大地におけるアートや文化をシェアすることで、我々の橋を、我々同士、そして我々と大地との間のつながりを、より強固なものにできるのです。」by ENDY TRECE

 

Shizu Saldamando

 

Cesar Chavez by Ernesto Yerena

 

Dewey Tafoya

 

Nena Soulfly

 

以下アーティストの作品を販売する予定です。

Ernesto Yerena、 Brandy Flower、Nena Soulfly、Tiller Micah Wearwulf、Dewey Tafoya、Yreina Cervantes、Shizu Saldamando

 

 

| - | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/81PAGES | >>