CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
Sueño del Barrio

宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
ヨコハマ、カリフォルニア in 横浜!

1970年代アメリカ西海岸ベイエリアから登場した日系アメリカ人グループ、ヨコハマ、カリフォルニア。彼らが1977年に唯一残した傑作アルバム『Yokohama, California』世界初CD化記念イヴェント第2弾、「ヨコハマ、カリフォルニア in 横浜!」を開催します。

 

 

『ヨコハマ、カリフォルニア』発売記念
ヨコハマ、カリフォルニア in 横浜!

 

11月27日(日)
会場:Do Be Do Bar (横浜・反町)
横浜市神奈川区松本町1-2-3  第2カヤギヤビル5F
START:17時
予約:1500円(+1drink) / 当日:2,000円(+1drink)
#ドリンク&フード各種ご用意しております。

 

DJ: Naho、宮田信(Barrio Gold Records)
LIVE: Stumble Bum、遠藤コージ、越路よう子
TALK: 宮田信 / 聞き手:トニー李(EL CINNAMONS)、河内卓(北と南)
物販(MAGAZINE & CD): EL CINNAMONS、北と南、BARRIO GOLD RECORDS
映画: 『Cruisin' J-Town』
            (1976年 監督:Duane Kubo 制作:Visual Communications 30分 日本語字幕付き)

 

ご予約・お問い合わせ: MUSIC CAMP, Inc. (042-498-7531)
カメヤ食堂(045-620−8602)/ドゥビドゥバー (045-620-5539)

 


ヨコハマ、カリフォルニア

☆そのユニークなグループ名は、日系2世小説家トシオ・モリが書いた短編小説集のタイトルだったもの。1930年代、サンフランシスコの対岸にある港町オークランドには日本人移民が多く暮らし、リトル・ヨコハマと称されていたらしい。

 

☆1960年代中盤に起きた黒人やチカーノたちの公民権運動は、70年前後には日系やアジア系にも飛火し、若い3世たちがアイデンティティの模索を始める。生前のトシオ・モリから了解を得て、Yokohama, Californiaと名乗り音楽活動を開始した彼らは、祖父母や両親のアメリカ移民の体験を振り返り、また日本とアメリカの関係についても想いも巡らす。強制収容所の体験、ヒロシマ・ナガサキ、過酷な条件のなかで働く農夫たちのことを。そして彼らの日常に起きる恋愛についても。瑞々しい感性による美しいフォーク・ナンバー、そしてグルーヴィなスポークン・ワーズなどを、一枚のアルバムに纏め上げた。

 

☆あれから40年。日本での再評価がオリジナル・メンバーたちを動かし、遂に初CD化が実現。何かの巡り合わせで、今日の私たちの耳に届いた『ヨコハマ、カリフォルニア』をテーマに、日本のオークランドともいえる横浜で異国の「ヨコハマ」について語り合い、異なる音楽を交錯させる宴。ライヴ、DJ、トーク・ショーの他、ロサンゼルスの貴重な日系音楽史の一面を記録したドキュメンタリー映画『Cruisin' J-Town』も特別上映。どなたも大歓迎。ご一緒にヨコハマ・カリフォルニアへトリップと参りましょう!

 

 

『Cruisin' J-Town』

70年代アジア系アメリカ人公民権運動時、音楽演奏を通して自己のアイデンティティを模索する3世たちの姿を追った記録映画。ファンク・ジャズの演奏をバックに冒頭で映し出されるのは、独特の賑わいをみせていた当時のロサンゼルス・リトル・トーキョー。街の喧騒とシンクロするように、生々しいグルーヴが和太鼓や琴の音色と融合していく。彼らこそ、後に全米で大成功を収めたグループ、HIROSHIMA。チカーノ農民/公民権運動から誕生した劇団、エル・テアトロ・カンペシーノのダニエル・バルデス(映画『ズートスーツ』主演俳優)との感動の共演も捉えた傑作ドキュメンタリー。日本語字幕付き。

 

協力:カメヤ食堂、EL CINNAMONS

 

| - | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JOE BATAAN TALK SESSION!

緊急開催決定!5年振りに来日したジョー・バターン!ご本人に登場して戴き、60〜70年代の録音を聴きながら、当時のエピソードなどを語ってもらうファン必聴のトーク・イヴェント!スタート時間は、PETER BARAKAN’S LIVE MAGICの終演後にも間に合うよう設定しております。LIVE MAGICご入場の方、晴れ豆公演を予約の方には500円引きとなります!貴重な機会です。是非いらっしゃってください!

 

※演奏は一切ございませんので、あらかじめご了承ください。

 

【出演】JOE BATAAN

【通訳】KAZU EGASHIRA

【司会】宮田信

 

開 20:30 演 21:30 ・ 前/当 2,000 +1D 600

★LIVE MAGICご入場の方、晴れ豆公演を予約の方には500円引き

※LIVE MAGIC(10月22日、23日)入場者の方は、リストバンドをお持ちください。
晴れ豆公演の予約者は、お名前を受付でお伝えください。

予約:03-5456-8880

メールアドレス:info@mameromantic.com

詳細:http://mameromantic.com/?p=48548

 

| - | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JOE BATAAN JAPAN TOUR T-SHIRT完成!

ジョー・バターン来日公演がいよいよ迫って参りました

こちら、最後の細かい調整で慌ただしくやっております。バンドの仕上がりもバッチリ、是非熱い演奏をご期待ください!

 

さて、過去の来日公演でもあっという間に売切れてしまいました大人気のツアー・Tシャツですが、今回もご用意しました。

 

 

 

54年(?)シェビーを中心に、バリオ・オールディーズの世界観としてジョーのラテン・ソウルを表現しました。

デザインは、FRENZY WORKSの関口良子さんです。

 

 

 

サイズ:S〜XL

色:ネイビー

ボディ:プリントスター ヘビーウェイト5.6oz

価格:3500円

発売場所:22日恵比寿ガーデンホール・ラウンジ、24日晴れたら空に豆まいて・エントランス

限定制作。お早めに、どうぞ!

お問い合わせ:MUSIC CAMP, Inc.まで 042-498-7531

 

また、ジョー・バターンの以下アナログ盤(US再発盤)を会場でご用意しております。こちらは数が大変限られておりますので、ご了承ください。

 

Salsoul

Subway Joe

Saint Latin's Day Massacre

Riot

Gypsy Women

 

それでは会場でお会いしましょう!

 

宮田

 

 

 

| - | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日系アメリカ人映画上映会無事終了しました。

 

 

先日は「ヨコハマ、カリフォルニア発売記念日系アメリカ人映画上映会」に沢山のご来場、本当に有難うございました。

異なるテーマをもつ3つの作品を振り返りながら、今回の発売の意義について、主催者である我々もあらためて、その責任の大きさを感じました。多々ご協力戴きました日系アメリカ人音楽・文化に造詣が深い神田稔さんと映像作家のアキラ・ボックさんに感謝致します。また、サンホゼのJ-Townで撮影されたオリジナル・ジャケットに写っている小林ご夫婦の突然の参加は、大きな感動となりました。当時の話をもっと伺いたいたかったです。有難うございました。

 

 

 

なお、『Cruisin' J-Town』につきましては、随時上映会を開いていこうと思っております。場所を提供してくださる方がいらっしゃいましたら、是非声をかけてください。

| - | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『ヨコハマ、カリフォルニア』発売記念日系アメリカ人映画上映会

 

 

10月16日(日)
OPEN: 18:00  / START: 18:30  
予約:2,000円 (1D別途) / 当日:2,500円(1D別途)
場所:代官山「晴れたら空に豆まいて」
#当日は畳敷きになります。

 
1970年代カリフォルニアの日系/アジア系アメリカ人公民権運動を背景に登場した日系人フォーク・グループ、ヨコハマ、カリフォルニアが唯一残したアルバム世界初CD化を記念してのトーク・イヴェント&映画上映会。知らざれる日系アメリカ人たちの音楽史も振り返りながら、ヨコハマ、カリフォルニアが残した音楽についての解説、そしてカリフォルニアを舞台にした70年代と現在の日系/アジア系音楽シーンを象徴する映画2本を上映。
 
1. トーク・イヴェント『ヨコハマ、カリフォルニア』(出演者:神田稔、宮田信他)
2. 映画『ザ・クランブルズ』(2012年 監督:アキラ・ボック)
3. 映画『Cruisin’ J-Town』(1976年 監督:Duane Kubo 制作:Visual Communications 30分)

 


☆CD ヨコハマ、カリフォルニア『ヨコハマ、カリフォルニア』

 

11月6日MUSIC CAMP, Inc.より発売 詳細⇒ http://www.m-camp.net/
 

 

☆映画『ザ・クランブルズ』(脚本・監督:アキラ・ボック / 出演:テレサ・ミッシェル・リー、 ケイティー・ヒポル、 ジェフ・トーレス)
 

 

 

ケッツァルやキント・ソルなどチカーノ演奏家たちのPV制作、また全米日系博物館映像部門で数々のドキュメンタリー映画も手掛けてきた映像作家、アキラ・ボック。多様な人種が混じる現在のロサンゼルスを舞台にした初の長編映画。
『ザ・クランブルズ』は、ダーラとエリザという親友同士によるインディーズ・ロック・シーンの日常の悲喜こもごも、才能がありながらも方向性の定まっていないガレージ・バンドでスターダムを目指し奮闘する姿を描いている。ロサンゼルスのイーストサイドで繰り広げられるこの愉快なドタバタ劇は、駆け出しバンドの姿を可笑しくも現実的に描き、ロサンゼルス・タイムズ紙に「エレガントで愛に溢れた作品」と評されている。サンフランシスコ国際エイジアン・アメリカン映画祭観客賞受賞。日本語字幕付き日本初公開

 

トレイラー:https://vimeo.com/154352444

 

 

☆映画『Cruisin’ J-Town』(1976年 監督:Duane Kubo 制作:Visual Communications 30分)
 


70年代アジア系アメリカ人公民権運動時、音楽演奏を通して自己のアイデンティティを模索する3世たちの姿を追った記録映画。ファンク・ジャズの演奏をバックに冒頭で映し出されるのは、独特の賑わいをみせていた当時のロサンゼルス・リトル・トーキョー。街の喧騒とシンクロするように、生々しいグルーヴが和太鼓や琴の音色と融合していく。彼らこそ、後に全米で大成功を収めたグループ、HIROSHIMA。チカーノ農民/公民権運動から誕生した劇団、エル・テアトロ・カンペシーノのダニエル・バルデス(映画『ズートスーツ』主演俳優)との感動の共演も捉えた傑作ドキュメンタリー。今回が日本語字幕を入れての正式初公開。

 

 

(企画:MUSIC CAMP, Inc. 042-498-7531)
 

予約:晴れたら空に豆まいて⇒http://mameromantic.com/?cat=1
   MUSIC CAMP, Inc.  メール予約⇒info@m-camp.net

            ※件名を「映画上映会予約」とし、お名前・ご予約人数・
     ご連絡先電話番号を添えてお送りください。


 

 

| - | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/82PAGES | >>