CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
Sueño del Barrio

宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
TOKYO FM サンデースペシャル「チカーノ・ソウル、ストーリーを秘めたバリオの歌」

久しぶりのブログ更新です。不安な日々が続いていますが、こんな時にハートウォーミングなチカーノ・ソウルを紹介できる機会を戴き感謝致します。本日(2020年4月5日午後7時〜)の放送では、「チカーノ・ソウル。ストーリーを秘めたバリオの歌」というタイトルで以下のナンバーをオンエアしました。

 

I Won’t Love You Again / Dimas (Dimas Garza/Royal Jesters) (1965)

From “English Oldies” (ベスト盤CD/LP)

テキサス州サンアントニオ・ウエストサイドを代表するアイドル・グループにして実力派。歴代の歌手のなかでも抜群の歌唱力を誇った名歌手、ディマス・ガルサによる哀愁のバラード。

 

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_search.cgi?Keyword=royal+jesters
 

 

 

Outisde Looking In / Sunny & The Sunliners (1968)

From “Mr. Brown Eyed Soul” (ベスト盤CD/LP)

まさに”Chicano Soul”のアイコン、ミスター・ブラウン・アイド・ソウルことサニー・オズーナ率いる名門グループ、サニー&ザ・サンライナーズ。オリジナル・アルバムはKey-Loc’から発売された『Little Brown Eyed Soul(再発済み)から。

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_search.cgi?Keyword=Brown+Eyed+Soul

 

 

The Town I Live In / Thee Midniters (1968)

From “Thee Complete Midniters” (CD)

1960年代イーストLAを舞台に、若いチカーノ演奏家たちがその実力と人気を競ったイーストサイド・サウンドを代表したグループ、ジ・ミッドナイターズ。これはオリジナル・アルバムとしては3枚目の『Unlimited』から。歌手のリトル・ウィリー・Gはこの後、ラテン・ロック・グループ、マロに参加。最近も新譜を出すなど現役を続けている。

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=&GoodsID=00000482

 

 

Please Baby Please / Cannibal And The Headhunters (1966)

From “Eastside Soul Classics 1963-1977” (CD)

イーストサイド・サウンドのもうひとつの人気グループによる至極のナンバー。ラテン・ボレロ3重唱、ドゥーワップ、ガレージ・ロック・・・多様なものが混じることで昇華されていくチカーノ・ソウルの魅力。本曲収録の弊社制作コンピレーション『EASTSIDE SOUL CLASSICS 1963-1977』は全22ページの貴重な写真満載の詳しい日本語解説付き。チカーノ・ソウル・ファンの方はマスト。

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=&GoodsID=00000083

 

 

Knowing You, Loving You / Tierra (1975)

From “Stranded” (CD) *Distontinued

10代から活躍してきたルディとスティーヴのサーラス兄弟を中心に気鋭の若手演奏家が結集。チカーノ公民権運動の残り火がくすぶるなか、メキシカン、ニュー・ソウル、プログレ、ジャズなどを呑み込んで纏めたあげた大傑作

 

Funky Mambo / The Latin Breed (1975)

From “U.S.A.” (LP)

公民権運動の体験はテキサスの若手演奏家にも多大な影響を与えた。黒人音楽のカヴァーから、さらに視界を広げた音楽要素と伝統のメキシコ系音楽と融合させることで、テハーノにしか奏でられない音を模索する。メキシカンもファンクもこなした名歌手、ジミー・エドワードが歌うキング・オブ・ラテン・ソウル、ジョー・バターンのカヴァー。

 

 

Natural High / Sensemaya (1996)

From “Sensemaya” (CD)

ソウル、サルサ、クンビア、ファンク、ボレロ・・・まさにヴァーサタイルといえる百戦錬磨の実力派ローカル・バンドがバリオ音楽シーンの最深部を支えてきた。どの分野のカヴァーでも絶品の演奏を展開するセンセマヤが残した雄一の傑作アルバムから。

 

Parachute / Thee Lakesiders (2018)

新世代チカーノ・ソウルはこのデュオから。マリーとネカリによるロサンゼルスの二人組。あのイラストレーター、エル・オモスの紹介で、NYのビッグ・クラウンからデビュー。

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=&GoodsID=00000810

 

                                                                                                                      

I Really Love You / The Delirians (2017)

From “Mezcla De Musica y Amor”(CD)

根強い人気のスカ/ロックステディ。レゲエを基調に、哀愁のバラードとホーンを入れたグルーヴィーなサウンドで大きな人気を掴むデリリアンズ。一昨年にはファニアのプロジェクトでサルサの名曲「キタテ・トゥ」のカヴァーも動画で発表。

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=&GoodsID=00000756

 

 

I’ll Be Around / The Altons (2019)

From “In The Meantime”(CD)

イーストLAの北側、小高い丘が続く美しいバリオで撮影されたこの曲の動画をぜひチェックして欲しい。シンプルな編成ながら骨太のグルーヴとほのかな哀愁を漂わす注目グループ。甘いメロディはオールディーズから、軽妙な演奏はロックステディから、旧来のチカーノという言葉だけでは捉えられない現在進行形のバリオ・ミュージック。

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=&GoodsID=00000891

 

 

I Love You For All Seasons / Discos Reseca Collective & Mariposas Del Alma (2020)

From “Y Te Cuento”(アナログ盤)

クンビアもチカーノ・ソウルの隣にあることをお忘れなく。北カリフォルニアのベイエリアで活動する注目のコレクティヴたち。バックの演奏は、ディスコス・レサカ・コレクティヴ、歌は姉妹3人組マリポサス・デル・アルマが担当。新世代のチカーノ/ラティーノたちはクンビアもソウルもヒップホップもボーダレスに飛び越えていく。

 

http://www.m-camp.net/cgi_shop/shop/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=&GoodsID=00000901

 

 

"CHICANO SOUL: RECORDINGS & HISTORY OF AN AMERICAN CULTURE" by RUBEN MOLINA(Mictlan PUBLISHING)

日本語版は2020年秋に出版予定。

https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/3080

 

本日はお聴き戴きまして有難うございました。

弊社の商品は、トラスムンド(下高井戸)、エル・ス―ル・レコード(渋谷)、クレオール・コーヒー・スタンド(東長崎)、ピカント(大倉山)、ロス・アプソン(高円寺)、HMV records shop 渋谷 & 新宿、SLICK(豊田でご注文戴けます。また解説付きの国内仕様盤に関しては全国主要レコード店でご注文戴けます。

C/S

 

| - | 19:02 | comments(0) | - | pookmark |
明日、シンコ・デ・マヨ開催

シンコ・デ・マヨ・・・明日、代官山「晴れたら空に豆まいて」で開催です。

上の画像をクリックすると公演詳細ページに飛びます。

 

会場のオープンは16時。タコスやパペル・ピカードなどの販売をお楽しみください。

18時からは、クンビア狂コレクティヴ、CUMBIA PODERによるDJたちが、コロンビア、ペルー、メキシコを中心にした最強のクンビアをかけていきます。

 

そして19時過ぎには、大阪からやって来るテキサスのアコーディオン音楽=コンフントを奏でるコンフントJが登場。

 

 

さらに21時からは、東京を代表するクンビア〜チーチャ・バンド、ロス・テキーラ・コークスがパーティを盛り上げます。

 

バリオ・ゴールド・レコードとして、メキシコ買付品や最近入荷したチカーノ関連のCDやLPを多数持参致します。

 

 

会場では、美味しいタコスやメスカルもご用意しております。

 

 

23時までパーティは続きます。

小学生以下は無料です。ぜひご家族で遊びにいらしてください。

 

予約は晴れたら空に豆まいてまで⇒03-5456-8880

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

| - | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ明日(4月7日)が上映会です。

短編記録映画『アワ・マン・イン・トーキョー 〜ザ・バラッド・オブ・シン・ミヤタ』東京上映会&トーク・ショー

 

 

『アワ・マン・イン・トーキョー 〜ザ・バラッド・オブ・シン・ミヤタ』
監督:アキラ・ボック
制作:全米日系人博物館(ロサンゼルス、カリフォルニア)
出演:テックス・ナカムラ、ルベン・ゲバーラ、ケッツァル、ルイス・J・ロドリゲス、デイヴィッド・W・ゴメス、エル・ハル・クロイ、チカーノ・バットマン、ジョー・バターン、ヘクター・ゴンザレス、宮田信
2018年 18分

 

『アワ・マン・イン・トーキョー 〜ザ・バラッド・オブ・シン・ミヤタ』は東京を拠点とするレコードレーベルのオーナーで、音楽プロモーターである宮田信の奮闘と執念について描いた短いドキュメンタリーです。彼は20年近くもの間、日本においてチカーノ音楽を流通させ、イーストLAのバンドを招聘してきた、文化大使的な存在でもあります。この映画では宮田氏とイーストLAとの個人的なつながり、多様かつ本物のチカーノ文化を日本に紹介するにあたっての喜びと困難、太平洋の両サイドにおいて既成概念を打ち壊そうとする宮田の意識的な努力について探っています。グラミー受賞者であるケッツァルや、チカーノ・バットマンなど多数のアーティストたちと共に、宮田は、人々をひとつにする音楽の力を用いて、彼が関わる一見全く異なるように見えるそれぞれのコミュニティーの間に関係を築き上げることに人生を捧げてきたのです。

━━アキラ・ボック(監督)

 

『アワ・マン・イン・トーキョー』は、世間から流行の先端だと思われているヒップスターや、専門家だと信じられている音楽文化人類学者たちの、ずっと先を見据えてきたシン・ミヤタの物語だ。奴は、バリオに根ざした本物のミュージックをイーストLAから東京に運んだ男なのだ。その過程で、俺たちの存在を確かなものだと証明し、自国においてすら無視されている間にも俺たちを鼓舞してくれた。断言していいだろう。シンの存在なくしては、今日のチカーノ・ミュージックに光が当たる日は来なかったのだ。

━━Gomez Comes Alive(ex: Monte Carlo 76)

 

ロサンゼルスの全米日系人博物館、メキシコ・シティでの上映に続く、東京での初上映会。来日する監督らによるトーク・ショーも開催。映画に登場するロサンゼルスの音楽シーンについても解説します。

 

同時上映で、ロサンゼルスのアフリカ系アメリカ人と日系人が暮らすクレンショー地区にある日系人運営のカフェ、『TAK’S』のドキュメンタリー映画を字幕付きで日本初上映。監督は、高い評価を獲得したジェイク・シマブクロのドキュメンタリー映画『Jake Shimabukuro: Life on Four Strings』なども手掛ける若き日系人監督、タッド・ナカムラ。黒人街に残る知られざる人種交流を描いた傑作ドキュメンタリー。字幕:飯村夏海

 

DJ: DJ HOLIDAY、TRASMUNDO DJs、SHIN MIYATA
トーク出演:アキラ・ボック(監督)、宮田信、高際裕也(司会)
同時上映:『BREAKFAST AT TAK’S』(2008年 Directed by Tad Nakamura)

 

開場:18:00 上映開始:19:30

入場料:1,500円 (別途1d)

予約⇒ MUSIC CAMP, Inc.:info@m-camp.net または042-498-7531

   代官山「晴れたら空に豆まいて」:03-5456-8880

   トラスムンド(店頭にて)

協力:トラスムンド(下高井戸)

 

東京に先立ち、ロサンゼルスとメキシコ・シティで上映会が開催されました。

まずはロサンゼルス郊外のScrippsという大学で若い学生たちのために上映されたのですが、呼んでくれたのは、あのケッツァルのマーサ・ゴンサレス。グラミー賞を受賞してその実力と確固たる存在感はよく知れ渡るところですが、彼女は女子大の教員としても活躍しています。ケッツァルは現在、他のレーベルに移っていますが、こうして応援してくれるのはホント嬉しい限りです。

2月25日には全米日系人博物館で、翌日はボイルハイツのEastside Luvでのイヴェントでも急遽上映されましたが、どちらも大盛況となりました。

 

Photo by Jeff Tsuji

 

 

Eastside Luvの仕切りは盟友、ゴメス・カムズ・アライヴ!。話題の新人バンド、アルマス・フロンテリーサスとドリーム・ラヴァー。そしてDJは、チカーノ・バットマンのカルロス、チュリータ・ヴァイナル・クラヴのスリープウォーク、ゴメスと超豪華な面子。ヒップスターからベテラーノまで沢山のお客様にいらして戴き感謝で一杯です。超満員となりました。

 

そして3月1日はメキシコ・シティへ。長屋美保さんが有名なイヴェント・スペース、アリシアを借り切って盛大なイヴェントを開催してくれました。こちらもライブとベテラン・ソニデイロのDJと大充実の内容。監督のアキラも駆けつけトーク・イヴェントでは、チカーノ音楽の魅力からストリーミング問題まで活発な議論が展開されました。

 

 

そしていよいよ明日が東京の上映会です。

CDジャーナル共同通信などでも告知記事が出ております。

チカーノ音楽満載です。また東京でのライヴ・シーンやイーストLAの街並みも沢山登場します。ぜひご覧になって戴けますと嬉しい限りです。

 

BARRIO GOLD RECORDS 宮田

 

| - | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
晴れ豆その他、イヴェントが続きます。

1月も既に半ばを過ぎてしまいましたが、2月前半までイヴェントが続きます。

さらっとご紹介。イメージをクリックすると詳細ページへ飛びます。

 

☆1月20日(土)

TRASMUNDO & MUSIC CAMP, Inc. present 2018 NEW YEAR PARTY

18時〜23時半@代官山「晴れたら空に豆まいて」

大充実のチカーノ・ミュージック・コーナーを備えた我らが下高井戸の音楽ショップ、トラスムンドさんと弊社合同の新年会パーティです。オイラはオープニングから、そして盟友チョロケンは23時からの担当です。

 

☆1月22日(火)2018 晴れ豆新年会! 楽食楽酒の会

19時〜@代官山「晴れたら空に豆まいて」

http://mameromantic.com/?p=56344

 

 

☆1月27日(土)

SIDE. C

深夜11時〜朝まで@吉祥寺チーキー

チカーノ・ソウル、バンダ・ラップ、エレクトロ・ブギーが鳴りまくる深夜の妖しいパーティ。LUVRAWさん、マジでヤバいッス!

 

☆2月3日(土)LA BOMBA

22時〜朝 @三軒茶屋32016

東京で最も熱いクンビア野郎たち、ロス・テキーラ・コークスが自ら主催するラテン・パーティ!オイラはチカーノ・ファンクで参戦します。

 

☆2月4日(日)代官山酔いどれ唱酒場

18時〜23時過ぎ @代官山「晴れたら空に豆まいて」

関西フォーク・シーンから60年代後半に登場した大ベテランの中川五郎さんと若手2名が競演。

五郎さんの熱唱をまだ聴いたことない方は、マスト。オイラもブルース縛りで選曲当番致します。ぜひ!

 

 

 

☆2月には全米日系人博物館が制作した弊社の記録映画がロサンゼルスで公開されます。チカーノ・カルチャーの世界へ潜入していった1980年代中頃から、現在の活動までを追っていく短編記録映画です。2月24日全米日系人博物館、3月1日メキシコ・シティのアリシア、そして桜が咲く頃には日本でも密かに上映会を開催する予定です。グラミー賞に輝いたケッツァル、チカーノ・シーンで広く知られる日本人演奏家、テックス・ナカムラ、フランク・ザッパのプロデュースでアルバム・デビューした伝説的チカーノ・ロッカー、ルベン・ゲバーラ、今や全米規模で大きな人気を獲得しているチカーノ・バットマン、イーストLAの異才集団、エル・ハル・クロイ、そしてご存知ジョー・バターン、さらに作家のルイス・J・ロドリゲスなどが登場します。

 

 

Our Man in Tokyo(The Ballad of Shin Miyata)

 

Join us for the premiere screening of a new documentary film exploring the struggles and obsessions of Shin Miyata, a Tokyo–based record label owner, music promoter, and cultural ambassador who has been distributing Chicano music and bringing East Los Angeles bands to Japan for nearly 20 years.

The film explores Miyata’s personal connection to East LA, the joys and difficulties of introducing authentic and diverse representations of Chicano culture to Japan, and the conscious efforts Miyata has made to break stereotypes on both sides of the Pacific.

Directed by Akira Boch, "Our Man in Tokyo" is a production of JANM’s Frank H. Watase Media Arts Center. Screening will be followed by a panel discussion with Miyata, who is flying in from Tokyo for this event, Boch, and the members of El-Haru Kuroi, an East LA trio whose unique compositions draw from their upbringing in the city as well as elements of Mexican, South American, African, and American jazz music. El Haru Kuroi will also perform.

Included with museum admission. RSVPs are recommended using the ticket link.

* * * * * * * *

Presented in conjunction with the exhibition, "Transpacific Borderlands: The Art of Japanese Diaspora in Lima, Los Angeles, Mexico City, and São Paulo," which is part of Pacific Standard Time: LA/LA, a far-reaching and ambitious exploration of Latin American and Latino art in dialogue with Los Angeles. Pacific Standard Time is an initiative of the Getty. The presenting sponsor is Bank of America. 

"Transpacific Borderlands" is on view through February 25, 2018. For information about the exhibition, visit janm.org/transpacific-borderlands.

 

ということで、いろいろと続きます。

引き続きご注目ください。

 

BARRIO GOLD RECORDS / MUSIC CAMP, Inc.宮田

| - | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JOE BATAAN 2017 JAPAN TOUR T-SHIRT完成!

ジョー・バターン来日公演がいよいよ迫って参りました
今年は世界初企画としてクリスマス・ソングも歌います。予約がまだの方は、是非お早目に!!

 

公演詳細・ご予約はこちら
 
そして、4回目となる今年も大人気のツアーTシャツをご用意致しました。

 

 

 

今年もバリオ・オールディーズの世界観としてジョーのイメ―ジを表現してみました。
クルージングするボムの下には、いつものフレーズ、Rollin’ with Firme Rolasが入っています。
Firme Rolasはチカーノ・スラングで「極上の音楽」という意味です。
デザインは、FRENZY WORKSの関口良子さん。

 

 

サイズ:S〜XL
色:ネイビー
会場のみ限定価格:3500円


数に限りがございます。お早めに、どうぞ!公演チケット予約者の方でTシャツご希望の方は、予約も承ります。メールでお問い合わせください。→ info@m-camp.net (件名に“ジョー・バターンTシャツ”とお書きください)
お問い合わせ:MUSIC CAMP, Inc. TEL: 042-498-7531

 

また、ジョー・バターンのアナログ盤(US再発盤)を会場でご用意しております。こちらは数が大変限られておりますので、ご了承ください。
 
今年も最高のショーになるはずです。
会場でお会いしましょう!
 
宮田

| - | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/84PAGES | >>