CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
Sueño del Barrio

宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
<< チカーノ・バットマン メキシコシティ ライヴ レポート by 長屋美保 | main | 雑誌『POPEYE』で紹介されました! >>
今週もイヴェントが続きます。

皆様、お元気でしょうか?

いつも9月の残暑を名残惜しく味わうのが大好きだった私には、ちょっと寂しい秋の気配であります。

さて、相変わらずイヴェントが続きます。

まず、9月8日は代官山・晴れ豆でのギター・マガジンとのタイアップ・イヴェントを企画・担当しました。

 

※詳細は画像をクリック

 

 レゲエやスカは全くの得意分野ではありませんが、その昔、ケッツァルに会いに行ったロサンゼルスのコンガ・ルームでアーネスト・ラングリンの演奏を偶然目撃して以来、ジャマイカのギタリストたちはとても気になっておりました。アメリカから流れて来るジャンプ、ハードバップ、ソウルなどの技巧やフィーリングにも影響を受けながら独特のスタイルを発展していった彼の地のギタリストたち。そんなディープな世界への指南書となるべき常識破りの特集(前号のモータウン・ギタリスト特集も必読!)は、我々音楽好きの間で大きな話題となっています。大変貴重な知識を披露している執筆者のなかに、私が今一番気になっていたギタリスト、ワダ・マコトさんを発見。ということで、早速「何かやりませんか?」と連絡しまして、編集部へと繋いで戴きました。

 

 誌面で紹介されている貴重なレコードを試聴しながらのトーク、そしてワダさんとアンボウケンジロウさんとのデュオ演奏、さらに数多のジャマイカン・レジェンドたちと共演してきた秋廣シンイチロウさん率いるスペシャル・バンドのマンボ―ロック・スペシャル・バンドのライヴという大充実の内容でお送りします。ぜひご来場ください。エントランス料金ですが、同号持参で500円引きになります。詳細は上の表紙写真をクリックしてみてください。

 

9月8日(金)代官山「晴れたら空に豆まいて」

開 18:30 演 19:30 ・  前 2,500 当 3,000 +1D 600

(ギター・マガジン2017年9月号ご持参の方は500円引き)

 

 

 そして今週末の9月10日(日)はこれ。

 

※詳細は画像をクリック

 

 敢えて説明はしません。このイメージでピンと来た方はぜひ遊びにいらしてください。

場所は、代々木八幡から渋谷に抜ける狭いバス通りに面したバー、ザンジバル。路面に面したテラス席もあります。踊るというよりは、ラテン音楽をBGMに自由に過ごしてもらおうという緩いパーティです。当日は代々木公園でアフロ・カリビアン・フェスも開催されているそうなので、その帰りにクールダウンしに来て戴いても楽しめると思います。

 

 大好評のTaqueria ABEFUSAIのタコスもあります。

 

 選曲当番は、ラテンの枠には決して収まらない一癖ありげなセレクターたち。スタートは16時です。明るいうちからぜひ一緒に呑みましょう。私はおそらく16時からの一番手になると思います。

 

 ではでは。

  宮田 信

 

 

 

 

| - | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://barriogoldblog.m-camp.net/trackback/1435992
トラックバック