CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
Sueño del Barrio

宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
<< お知らせ | main | チカーノ・アートのゴッド・ファーザー、チャズ・ボホルケス。明日(10/4)、原宿でライブ・ペインティング! >>
「夜のラテン授業Vol.2」大盛況でした!
”Viva 70s Salsa”をサブ・タイトルに開催しました9/27「夜のラテン授業Vol.2」は無事終了。会場は席が足りないほどの大盛況。トーク、演奏、DJ、ダンス・パフォーマンス・・・聴いて、踊って、学んで・・・と70年代サルサを堪能するイベントとなったと思います。ご来場いただいた皆さまに心から感謝致します。


 

トーク・セッション:爆笑の渦・・・ウィリー・ナガサキさんが70年代サルサとラテン・ロックの魅力について打楽器奏者としての視点で解説。レイ・バレットやティト・プエンテなど大御所たちの知られざるエピソードも。とにかく、話のうまさに感服。ホント、もはや説法の域に達しています。 

ライブ熱演:ウィリー・ナガサキ&クアルテート・インペリアル。
左から、伊波淑(conga)、あびる竜太(key)、バンマスであるウィリー・ナガサキ(timbales)、小泉哲夫(b)。
一曲目からもの凄いグルーヴ。まさに70年代サルサ/ラテン・ジャズの世界を彷彿させるテンションの高い演奏。飛ばしまくります。


ウィリーさんの師匠であるティト・プエンテのナンバー「オジェ・コモ・バ」では、定村史朗(electric violin)が参加。史朗さんは、80〜90年代にはNYのサルサ・シーンでも活躍。あのエディ・パルミエリの名作『スエニョ』に参加した実力派演奏家です。ラテン・マナーを知り尽くした凄まじいソロ展開は圧巻でした。

オトナな雰囲気で・・・


満員です。


そしてサルサ・ダンスの魅力を伝えてくれた、Macomo & Team LA BOMBA! 華麗であります。


DJたちはアナログ盤オンリーでハードコア・サルサ、ブーガルー、チカーノ・サルサをスピン!ダンスは終電間際まで続いたのでした。

音楽好き、カルチャー好き、ダンス好き・・・みんながサルサをテーマに参加してくださいました。こんな機会をいつか実現したいとずっと思ってきました。

出演者、関係者の方々のお力なくては実現できませんでした。

ウィリー・ナガサキ&クアルテート・インペリアルの熱き演奏家たち、ダンス・パフォーマンスをしていただいたMacomo & Team LA BOMBA、そしてDJの岡本郁生さんとチャーリー宮毛さん、さらに素晴らしいアテンドと食事を提供していたくださった「山羊に、聞く?」のスタッフの皆様に、心から感謝いたします。有難うございました。

『夜のラテン授業』は、さらにディープな3回目を企画したいと思っております。こちらのブログやSHIN MIYATAのfacebookなどで告知していきます。ご注目ください。


そして・・・今夜は下北沢でチカーノ音楽のトーク・イベント。
メキシカン雑貨ショップ、nifunifaさんで8時〜です。
パチューコ、ラテン・ロック、チカーノ・バットマンまでレベル・ミュージックとしての魅力を探って参ります。お気軽に遊びに来てください。テキーラ舐めながら、楽しくやりましょう。メキシコ買付のアクセサリーやマリアグッズなど圧倒的品揃えの凄いお店です。

さらに・・・11月はチカーノ・バットマン!
詳細が全て出ましたので、近日中に大々的にアップ致します。
左上にありますイメージ・ロゴをクリックしてみてください。

C/S
MUSIC CAMP, Inc. 宮田、岡本
| - | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://barriogoldblog.m-camp.net/trackback/1435826
トラックバック