CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
Sueño del Barrio

宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
<< 遅ればせながら・・・イヴェント大盛況でした。 | main | BARRIO GOLD RECORDS/MUSIC CAMPオンラインショップからお支払方法追加のお知らせ >>
TOKYO PACHANGA VOL.2 テツヤ・テックス・ナカムラ&ウィリー・ナガサキ共演です!


ロサンゼルスのチカーノ音楽界でも大活躍中のテツヤ・テックス・ナカムラさんが一時帰国します!ということで、6月1日チカーノ&サルサの先輩たちを迎えてのライブ&トーク・セッションを開催します。

ジョー・バターンの来日公演でティンバーレスを担当した日本ラテン界の親分、ウィリー・ナガサキさんも共演します!そして、70年代サルサを日本に伝えた藤田正さんからは、アメリカ発ラテン文化がどうやって日本に伝わっていったのかという貴重な話をしていただけます。

メキシコ好き、チカーノ好き、そしてサルサをカルチャーとして愛する音楽ファンの方にはぜひ参加していただきたいイヴェントです。

会場は俺の大好きな高円寺のROJO AMIGO KITCHEN!
以下詳細です。ご予約お待ちしております!

TOKYO PACHANGA Vol.2 

cultural event  "夜のラテン授業”
6月1日(土)
会場:東京・高円寺 ROJO AMIGO KITCHEN
東京都杉並区高円寺南3丁目46−3
時間:18:00〜
料金:¥4,000(予約)/¥4,500(当日)
COMIDA MEXICANA + 1D

問い合わせ:BARRIO GOLD RECORDS/MUSIC CAMP, Inc.
予約:info@m-camp.net または電話:042-498-7531

人気メキシカン・レストラン、ROJOで開催するカルチュラル・イヴェント。その名も「夜のラテン授業」!日本におけるチカーノ&サルサ界の大先輩たちをお迎えして、音楽ライヴとトーク・セッションの2本立て!

☆音楽ライヴ⇒ ロサンゼルスのチカーノ〜ブルース・シーンで大活躍するテツヤ・テックス・ナカムラ(har)と名ロッキン・ギタリスト、石坂和弘によるChitlin' Brothers 、そして70年代からラテン・ロック〜サルサを奏でて来た日本を代表するラテン・パーカッショニスト、ウィリー・ナガサキが共演!

☆トーク・イベント⇒ 70年代、伝説のイラストレーター、河村要助氏らと共に日本にサルサを紹介した藤田正。河村要助氏の作品解説にも触れながら、アメリカ発ラテン文化を当時の音楽ファンがどう受け止めたのかを検証する貴重なトーク!題して「サルサが日本に伝わった日」!

☆フード⇒人気メキシカン・レストラン、ROJO AMIGO KITCHENによるメキシカン・フード(タコス/タマーレスなど)とワン・ドリンクも含まれます。別途料金になりますが、会場はテキーラのコレクションも大充実しています。お楽しみに!

〈夜のラテン授業〉出演者
CHITLIN BROTHERS
Tetsuya "Tex" Nakamura (Harmonica, Jarana Guitar, Vocal) & Kazuhiro Ishizaka (Guitar)
WARへの参加後、現在は人気ブルース・コンボ44sを率いるなど、約20年間LAのチカーノ&R&Bシーンで大活躍を続ける有名ハーモニカ奏者、テツヤ・ナカムラと伝説的ロカビリー・バンド、ブルー・キャップスへの参加などで知られる日本を代表する名ロッキン・ギタリスト、石坂和弘が1980年に原宿で結成したブルース・デュオ。火を噴くような強烈なシャッフル・ナンバー、メロウなR&B、そしてハラーナ・ギターを駆使しての哀愁のメキシカン・ナンバーまで燻し銀のサウンドは多くのファンをもつ。

WILLIE NAGASAKI 
日本を代表するラテン・パーカッショニスト。80年代NYへ渡り、ティト・プエンテに師事。帰国後は松岡直也グループを中心に数多くのセッションに参加。現在は自身のバンドを率いる一方、ブロンクス・パーカッション・スクールを主宰し、後輩の指導にもあたっている。またサルサ、ラテン・ロックの第一人者として、サンタナ、マロなどのライナー執筆も行っている。2012年2ndアルバム『ミッドナイト・ルンバ』(Vivid)を発表。

TADASHI FUJITA
1953年生まれ。最初期のラップや、全盛期のサルサを日本人として最も早く取材した一人。『ミュージック・マガジン』の編集者/ライターとしては、日本の放浪芸から黒人音楽まで幅広く担当する。その後、『Bad News』の編集長に。現在は、音楽プロデューサー/ライターとして沖縄の伝統的音楽にも携わる。

(敬称略) 

非常に濃ゆ〜い内容になると予想されます。ぜひ遊びに来てください。
予約は以下の他に、私のFACEBOOKのメッセージでも対応します。http://www.facebook.com/shin.miyata.7?ref=tn_tnmn
問い合わせ:BARRIO GOLD RECORDS/MUSIC CAMP, Inc.
予約:info@m-camp.net または電話:042-498-7531

最後に、新譜情報。先日リリースしましたロス・アミーゴス・インビシーブレスは、アメリカでも日本でも大好評です。タワー・レコード渋谷店ワールド・コーナーでも大展開中です!昔のラテン・ディスコ〜ラテン・ファンクの匂いをぷんぷんと漂わす最先端のラテン・クラブ・サウンドです。ホント、凄いです。サルソウル好きはマスト!
下をクリックすると試聴ファイルにも飛びます。
| - | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://barriogoldblog.m-camp.net/trackback/1435783
トラックバック