CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
Sueño del Barrio

宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
<< FIESTA LIBRE開催中です。 | main | 週末はサルサ・イヴェントでした! >>
FIESTA LIBRE無事終了 & ビッグ・マウンテンとの再会
ご来場いただいた皆様、有難うございました。
そしてスタッフの皆さま、お疲れ様でした。
FIESTA LIBEREはお陰様で大盛況でした!

最終日のパーティは、会場に入りきれないほど沢山の方にいらしていただきました。
Fiesta LibreSunday Night

何より嬉しかったのは、チカーノ・バットマンやモンテカルロ76などを、初めてのお客様が店内のBGMや試聴で気に入って購入してくださったこと。クンビアもチカーノ・ソウルもハローチョもサルサも仕切りなくフラットに展開する弊社の方向性を少し訴求できたかもしれません。声をかけていただいたPADのかねこさん、FRENZY WORKSの関口さん・・・有難うございました。

イベントの様子は写真満載のFiesta Libreブログでどうぞ→http://fiestalibre.sblo.jp/

我々は今週末も出張販売でサルサ・イヴェントに参加します。サルサ・ダンサーにもチカーノ・バットマンやクンビアなど幅広くラテン音楽も聴いてもらたいので・・・カルチャラルな音楽にアテンションを集めないと、ヤバイですから。
http://www.salsaprofessional.jp/

ところで、昨晩は、旧友と感動の再会を果たしました。「ベイビー、アイ・ラヴ・ユア・ウェイ」のレゲエ・カヴァーが大ヒットしたビッグ・マウンテンのキノとジェームスです。




実は彼らこそ弊社の第一弾アーティストなのであります。

彼らと俺は、元職場の所属アーティストと担当ディレクターという関係でした。時は90年代後半、グローバリゼーションという名の下で慣れない横文字マーケティング用語を持ち出して音楽制作・販売を徹底的に合理化しようとする外資大手レコード会社から飛び出し、無謀なインディーズ計画を企て、一番最初に声をかけたのが、時を同じくして契約切れになった彼らでした。当時の事務所は深大寺に近い家賃6万ちょっとの自宅アパート。そこにQUINOもやって来て、ビール片手にアイデアを真剣に交わしたのを昨日のことのように憶えています。結局、深大寺と彼らの拠点であるサンディエゴを2回往復して出来上がったレゲエ・アルバム1枚と、既に録音してあった美しいジャワイアンのソロ・アルバム1枚の合計2枚を他社にライセンスするカタチで販売にこぎつけました。それがMUSIC CAMP, Inc.の始まりだったわけです。

高い歌唱力、オーディエンスを喜ばせる高いエンターテイメント性・・・約10年ぶりの公演となった昨晩ビルボードで行われたライブでは、変わらない彼らの魅力に圧倒されました。
待望のアルバム制作にも着手しているとのことで、楽しみ。彼らのアルバムがまた世に出ることを心から願いたいと思います。

俺たちインディーズに求めらているのは、やはり密度の高い仕事です。創業当時の思いを失わないよう、意識を高めていかなければなりません・・・ジョー・バターン来日公演ではそうした仕事ぶりをお伝えできると思います。


| - | 15:07 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
いいね。
うらやましいネ。
| 愛 | 2012/08/08 3:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://barriogoldblog.m-camp.net/trackback/1435669
トラックバック