CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MUSIC CAMP, Inc. HP
↑ ↑ ↑ 
BARRIO GOLD RECORDS
/MUSIC CAMP, Inc.の
新譜情報・通販は
こちらからどうぞ!
InterFM Sueño del Barrio

InterFM毎週日曜23:00-24:00
宮田選曲のラテン音楽番組
「スエニョ・デル・バリオ」

 
MUSIC CAMP on TWITTER
MOBILE
qrcode
限定チカーノ・アートTシャツ!
East Los Angelesを拠点に活躍するAlfonso Aceves氏によるチカーノ・アートTシャツ。昨年、一昨年とあっという間に売れてしまった大人気アイテム。今回、S〜XL、各サイズ10枚ずつの限定入荷です。今年は少し色を変えています。紺と生成り(ナチュラル)。激シブのデザインは、問答無用のホンモノです。
Sサイズは既に残り僅少です。ぜひお早目に!

BOYLE HEIGHTS


クリーム色に茶色の文字です。


イーストLAの入口、ボイルハイツ地区の情景をコラージュしたプリント。たまりません!


Sittin In The Park

前回のプリントより、フロントの黄色をさらに濃くしました。より目立ち引き締まりました。


裏はシルクスクリーンの作品になったものをプリントしています。相当カッコいいです。

ご注文・詳細は上記の各タイトルをクリックください。
皆様のお問合せをお待ちしております。ぜひチカーノ・アートを着て楽しんでください!




 
| - | 18:47 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
代官山「山羊に、聞く?」で面白イヴェント連続します。
台風去れば、梅雨も終わるのでしょうか?
ホントこの湿気、何とかして欲しいです。

さて、私、MUSIC CAMP, Inc.の宮田は、今年5月より代官山「山羊に、聞く?」の企画にも参加しております。
来週は担当企画が3つ連続します。ウチが紹介する音楽に興味をもたれる方にはオススメのライヴやイヴェントですので、ここで手短にご紹介。


☆7月20日(祝・月)「SUKIYAKI TOKYO pre event 松田美緒ポルトガルギリシャ凱旋ライヴ」
開場:17時 / 開演:17時30分 予約3,000円+1d / 当日3,500円+1d

松田美緒(ヴォーカル)
鶴来正基(ピアノ)
渡辺亮(パーカッション)
山口亮志(ギター)


Photo by Mayuko Hotta

2015年初夏にポルトガル〜ギリシャで行った演奏旅行の凱旋ライヴが急遽決定!
ポルトガルで出逢った現地の歌の他、アンゴラ、カーボヴェルデ、ブラジルなどポルトガル語圏の歌々。
また、ギリシャで歌ったあのラフカディオ・ハーン(小泉八雲)に関する歌や、
最新作『クレオール・ニッポン』から現地で演奏したナンバーも含め、
まさに松田美緒しか表現できないコスモポリタンな音楽世界を
3人の実力派演奏家を従えて奏でる大注目ライヴ!

<アーティストHP>http://www.miomatsuda.com/



☆7月22日(水)日系アメリカ人関連映画作品『Hidden Legacy』上映&トークセッション



2015年7月22日(水)代官山『山羊に、聞く?』
開場:18時 / 上映開始:19時半 / トーク・セッション:20時45分〜
エントランス料金:2,000円(1ドリンク付)
出演:早稲田みな子(東京藝術大学)
ゲスト・スピーカー:Craig Yamashita (Eureka! Studio)

『HIDDEN LEGACY〜隠れた遺産』

第2次世界大戦が始まると、アメリカ西海岸一帯の日系アメリカ人約12万人は、苦労の末に築いた家やビジネスなどを捨てさせらて突如War Relocation Centers (戦時転住所) という名の収容所に強制的に移住させられる。揺らぐアイデンティティー。アメリカへの同化を強く求められる一方で、収容所のなかでは、箏、詩吟、日本舞踊、盆踊り、歌舞伎といった日本の古典芸能の活動が盛んに行われるようになる。

本作を制作したシャーリー・ムラモト・ウォンは、自身の母親がトパーズとトゥーリーレークの収容所で筝を習ったことから、このテーマに関心をもつようになり、収容所で活動した芸術家たちに関する情報収集を20年以上にわたって行ってきた。

ビッグ・バンド・ジャズやダンスに夢中になるアメリカ生まれの二世、家族のため、そして祖国=アメリカへの忠誠を証明するために従軍する若者、忠誠を拒絶し別の収容所に移される者・・・壮絶な収容所の生活のなかで、日本古典芸能は彼ら、彼女らに何をもたらしたのか。またそれを奨励したアメリカの戦時転住局の思惑とは。今まで語られることのなかった貴重な記録を纏め上げたドキュメンタリー作品。(上映時間:57分)



☆7月26日(日)「夏だ!祭りだ!メキシカンだ!」


メキシコ出店ユニット=フィエスタ・リブレ。
東京にクンビアを広げるDJ&VJ集団=クンビア・ポデール。
そして個性豊かなタコス料理人が揃う=タコス・タコス・タコス。
グッズ、音楽、フード、まさに悦楽のメキシコ尽くし!
真夏のメキシコ祭、ぜひ遊びにいらしてください。

■OPEN:12時 / □CLOSE: 22時過ぎ

□charge: エントランス・フリー

*ご入場の際に、ドリンク・チケット(600円)をお買い求めいただきます。

*クンビア・ポデールは、18時からスタートします。
18時以降の入場料は、1000円(1ドリンク付)となります。
18時前からご入場戴いている方には、大変恐縮ですが400円のチャージ代が発生します。
ご了承ください。

それぞれのイヴェント・タイトルをクリックすると詳細・予約ページにリンクします。
ぜひ皆さん、いらしてください。お待ちしております。


 
| - | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
メキシコから届いた「魂」の歌。
大変お待たせしましたソン・デ・マデーラの新譜が遂に本日から店頭に並びます。


ソン・デ・マデーラ『カリベ・マール・シンコパード』

が震えます!豊穣なメキシコ音楽の神髄ともいえる決定的傑作!カリブ海と隣接するベラクルス地方の美しき伝承音楽、ソン・ハローチョ。シーンの最高峰にいるのが、このソン・デ・マデーラ。ハラーナと呼ばれる小型ギターとヴァイオリンなど弦楽器による小編成をバックに、エモーショナルに綴られる哀愁の歌々・・・ゆったりと流れるアフロ系リズムをバックに、バロックのような旋律も登場し、最後まで聴く者の耳を離しません。

この最新作は、知らざれるキューバ音楽などベラクルスに残るカリブ海の音楽文化に焦点をあて、丁寧に制作された驚愕の作品。特に◆↓ぁ↓Α↓А↓、そして〜の流れはまさに感涙もの。

メキシコ・ベラクルスからの限定直輸入盤のため、供給は極めて不安定です。既に初回入荷分は売り切れの為、一部店頭への出荷はまだ少し時間がかかりそうです。通販でご希望の方用に、数枚だけご用意しております。ぜひお申込みください。

通販⇒ info@m-camp.net または042-498-7531まで メール便でお送りしますので、送料は無料です! 

美しいブックレットの他、長屋美保さんによる解説&一部対訳付も封入されています。

試聴は上記のジャケット写真をクリックしてください。


以下のお店でお取扱い戴いております
タワー渋谷 新宿 横浜ビブレ 難波 梅田NU茶屋町 名古屋パルコ、タワー梅田大阪マルビル(再来週より)、池袋(再来週より)
山野楽器本店B1F、2F
EL SUR RECORDS、TRASMUNDO、アマゾン
Tsutaya 三軒茶屋 (再来週より)

お取扱い店舗を募集中です。ぜひ御気軽にお問合せください。
info@m-camp.netまたは042-498-7531まで

我々はこの作品を長い時間をかけてしっかり紹介していこうと思っております。そして、いつか彼らを自分たちのネットワークで日本に呼べたらと思っています。ぜひご注目ください。

さて、話は飛びますが、本日はこれから、昭島市の中神でイヴェントに参加します。
場所は、中神駅南口を拝島方面に歩いて2分ぐらいにあるBAR BROOKYLYN。
私、宮田は20時からDJも行います。また弊社のCD販売も行いますので、お近くの方ぜひ遊びにいらしてください。

よろしくお願いします。

MUSIC CAMP, Inc. 宮田


 
| - | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Trip!

迫って参りました。6月21日『スエニョ・デル・バリオ』のトーク・イヴェント@代官山『山羊に、聞く?』。
予約して戴いた皆様、本当に有難うございます。感謝の気持ちで一杯です。
選曲・構成・解説・・結構苦労の連続でした。ちょっと報われた気持ちです。毎回毎回、後で後悔しないようにと、スタッフ全員、全力で取り組んできましたので・・・

自分自身でも大きな発見が沢山あります。クンビアとファンクの相性の良さ。ペルーのチチャとラテン・ロックの深い関係。ジャズとサルサの二律背反的な世 界。録音された土地も時間も異なる音源がスムーズに繋がっていくのを感じながら、音楽文化の深遠なる世界にハっとさせられることが度々あります。

そして、その経験は、今から30年前、レコードを探すためだけに、ロサンゼルスのゲットーをバスと徒歩で彷徨っていた頃の思い出とシンクロしていきます。 ラテンとファンクが近いことは、実はあの頃に、ドキドキしながらサウス・セントラルの裏通りを歩きながら、自分の身体が自然に獲得していた感覚だったので はないかと、今思っています。サンフランシスコのミッション、NYのハーレム、内戦中のエルサルバドル、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ・・・どこに行っ てもレコード屋ばかり行っていた記憶しかありません。


(Record shop on Cesar Chavez Ave. in Boyle Heights, East Los Angeles)

ちょっとカッコつけ過ぎかもしれませんが、『スエニョ・デル・バリオ』の秘密はそこにあるような気がします。



もし、そんな話に興味がある方は、ぜひ会場に足を運んでみてください。音楽を聴くという「トリップ」を一緒に続けていきましょう。お待ちしております。
 

日時:621日(日)Open:17:00 / Start:18:00

場所:代官山 風土カフェ&バー『山羊に、聞く?』

予約:2,000円(軽食付)ドリンク別途

当日:2,500円(軽食付)ドリンク別途

 

◎予約・お問合せ

☆『山羊に、聞く?』

http://yagiii.com/wp/

TEL03-6809-0584 (14:0023:00)
MAIL
info@yagiii.com (題名に『スエニョ予約』とお書きください。)
 
MUSIC CAMP, Inc.
info@m-camp.net (題名に『スエニョ予約』とお書きください。)
TEL:042-498-7531

C/S
宮田 信


 
| - | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『スエニョ・デル・バリオ』トーク・イヴェント開催!

トーク・イヴェント『ラテン音楽、もうひとつの銀河系へ〜スエニョ・デル・バリオの秘密』のご案内



 

USラテンを中心にジャンルやスタイルを超えて、新旧ラテン音楽をスクランブルしてお送りするラジオ番組、InterFM『スエニョ・デル・バリオ』(毎週日曜日23時〜24時)。スタートは、2014年4月。お陰様でオンエア回数も60回を越え、ご紹介した曲は既に700曲を超えています。番組の目的は、今まで紹介されてこなかった多彩でディープなラテン音楽の魅力を伝えるということ。また、CDやアナログ盤など音楽ソフトの復権も含め「未知なる音楽を知る・聴く」という文化の魅力を再提案することも常に意識して選曲・演出を心がけております。そんなテーマを分かち合いながら、今まで反響の大きかった曲を紹介・解説するイヴェントを6月21日(日)に企画致しました。まだ紹介していない秘蔵の音源や、私が80年代に大きく影響を受けた貴重なラジオ・エア・チェック音源などもご紹介する予定です。また、チカーノ音楽にぴったりのCALI-MEX風の軽食もご用意します。軽食やお飲物とともに、『バリオの夢』(?)のひと時を楽しみましょう。なお、席に限りがありますので、早目のご予約をオススメします。

(本イヴェントは、高校生以上の入場となります。ご了承ください。)

InterFM『スエニョ・デル・バリオ』DJ・選曲:宮田 信


日時:6月21日(日)Open:17:00 / Start:18:00

場所:代官山 風土カフェ&バー『山羊に、聞く?』

予約:2,000円(軽食付)ドリンク別途

当日:2,500円(軽食付)ドリンク別途



 

◎予約・お問合せ

☆代官山 風土カフェ&バー『山羊に、聞く?』

http://yagiii.com/wp/

TEL:03-6809-0584 (14:00〜23:00)
MAIL
info@yagiii.com (題名に『スエニョ予約』とお書きください。)
 
☆MUSIC CAMP, Inc.
info@m-camp.net (題名に『スエニョ予約』とお書きください。)
TEL:042-498-7531

 
 

番組機材提供:TEAC

番組ホームページ:http://www.interfm.co.jp/sdb/

番組制作:氏家美佳(FMサウンズ)

イヴェント協力:FMサウンズ、『山羊に、聞く?』

企画:BARRIO GOLD RECORDS

| - | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/76PAGES | >>